ホーム祭典・神事 − 1月・2月・3月の祭典・神事

祭典・神事

1月の祭典・神事

歳旦祭

●日にち
1月1日
●時間
10時〜
●場所
御本殿

 新たな年を迎えて、氏子崇敬者の更なる幸せを大神様に祈念します。
 尚、1月2日には神楽殿において初神楽が特別奉納されます。
※年頭の家内安全・商売繁盛・厄除け・方災除け・交通安全等のご祈願は元旦より毎日朝9時〜夕方5時まで随時受け付けております。

元日の秩父神社の様子

元始祭

●日にち
1月3日
●時間
10時〜
●場所
御本殿

 年のはじめにあたり、宮中三殿において天皇陛下が天津日嗣の元始をお祝いするお祭りを行われることから、各神社でも祭典を行い、皇室と国民の弥栄をお祈りします。
 尚、特別奉納として秩父市荒川白久に鎮座する神明社の神楽(秩父市指定無形民俗文化財)が神楽殿において特別奉納されます。

2月の祭典・神事

節分追儺祭

●日にち
2月3日
●時間
19時30分〜
●場所
御本殿及境内

 節分は、もともと各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を指していましたが、江戸時代頃よりもっぱら立春の前日を指すようになりました。この日には、各地で豆撒きや鬼追いの行事が行われますが、これらの儀式の多くが、かつての旧暦大晦日の行事であり、節分と習合して今に至っています。
 秩父神社の節分追儺祭は、「奉幣行事」・「撤豆行事」・「引目行事」そして「鬼やらい」と、往古の形に倣って行われています。
 昔から節分を境にして人の運気や年回りが変わるとされており、歳男・歳女の方のご祈願をはじめ、方災除け・家内安全・交通安全等のご祈願も承っております。
※豆撒き奉仕を希望される方は予め予約となります。詳細は当社社務所までお問い合わせ下さい。

節分祭

紀元節祭

●日にち
2月11日
●時間
10時〜
●場所
御本殿

 人皇第一代神武天皇が橿原宮で即位された日(建国記念日)にあたり、神恩感謝はもとより、国の隆昌と国民の安泰をお祈り致します。

3月の祭典・神事

柞稲荷神社例祭

●日にち
3月第2日曜
●時間
10時〜
●場所
境内

 氏子崇敬者の益々の繁栄(商売繁盛、福徳円満)を願う祈願祭で、地元宮側町の信心篤い人たちが中心となって賑やかなお祭りが執り行われます。

四條流包丁式

●日にち
3月下旬
●時間
11時〜
●場所
境内

 包丁儀式は日本王朝時代から伝わる伝統的な儀式で、我が国の古典文化のひとつです。四條流は平安時代の初期、第58代光孝天皇が料理に趣味をお持ちになり、御自ら包丁を執り、数々の宮中行事を再興したことが起源とされています。
 「四條流包丁書」には、四條中納言藤原朝臣山陰卿が鯉を包丁した時の切形に由来すると伝えられています。

四條流包丁式

春季御霊祭

●日にち
彼岸中日
●時間
14時〜
●場所
参集殿榊の間

 神葬祭では、亡き人の御霊の平安を願って鎮魂の祈りを捧げ、生きておられる時と同じようにお供物をして御霊を大切にお祀りします。幽世(死後の世界)は決して遠く離れた処ではなく、ごく身近にあるものとして御霊は顕世(現世)に往来することができ、いつまでも子孫の繁栄を見守っていると考えられています。
 遠い祖先の御恩に感謝し、その御霊を大切にお祀りしてこそ、心に潤いのある生活が叶うばかりか、おのれの後生安穏を信じて日々雄々しく生き貫くことができるのです。
 古くから日本人は、春分・秋分の日に祖霊祭を行い、追慕追遠の誠を捧げて墓参をすることを慣わしとしてきました。当社ではこうした伝統を今に活かし、年に二度「春秋の彼岸」に合同慰霊祭を斎行しております。祖先の御霊に対する報恩感謝の祭りを通じて、自分を見つめ直し、より豊かな心を持って戴くための機会として、多くの皆様のご参列をお待ちしております。
※既に神葬祭の信徒である方、若しくは今後、神葬祭の信徒となることをお考えの方は、お気軽に当社社務所までご相談下さい。

▲このページの先頭へ